<日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯 初日◇7日◇北海道クラシックゴルフクラブ(7,094ヤード ・パー72)>

 先週開催された世界ゴルフ選手権「ブリヂストン招待」には日本ツアーから、松村道央、塚田陽亮、昨季の賞金王キム・キョンテ(韓国)、そして開幕戦「SMBCシンガポールオープン」を制したソン・ヨンハン(韓国)、この4人が出場していた。キョンテとヨンハンは21位タイ、松村は49位タイ、塚田は57位で終戦。キョンテを除く3名がこの日本ツアーに出場した。

石川遼、松山英樹と同学年…宋永漢は“男子版イ・ボミ”になれる?
 その中でこの日、首位と3打差と好スタートを切ったのがヨンハン。今週火曜日の14時に北海道に到着、昨日1ラウンドをして開幕を迎えた。「移動に20時間かかりました」、時差ボケもあり前半は思うようにプレーできず、出だしの1番パー5はセカンドショットを左に曲げボギー、3番、5番はバーディとしたが、6番で痛恨のダブルボギーを叩いてしまう。

「カッと来てしまいましたが、残りホールがたくさんあったので。今日はパターが良くそのおかげか後半はプレーが安定した」。後半には体調も良くなり、5つのバーディを量産。リーダボードを駆け上がった。

 アメリカでは「凄いプレーヤーたちと緊張感のある中で回れたのが良かった。自分のゴルフ人生の大きな財産になりました」と大きな刺激を受けた。特に印象に残った選手は「全員ですね!距離もすごいし、真っすぐいくし」。

 「プレーヤーだったら世界一の場所で戦いたい気持ちは誰しもあるはず」とゆくゆくは米国に戦いの場を移したいと考えている。しかし、「私はまだまだ実力が足りないので、日本ツアーでもっと勉強して力をつけていきたいです」。もっと大きな世界に羽ばたくために、これからさらに日本で研鑽を積んでいく。

 シンガポールでは世界2位ジョーダン・スピース(米国)に競り勝ったヨンハン。このメジャーで2勝目を挙げれば夢の実現にも大きく前進できるはずだ。「コツコツやっていけばチャンスは必ずくると思います」。大志を胸に抱き、戦いを続ける。

【初日の結果】
1位:武藤俊憲(-8)
2位:宋永漢(-5)
3位T:谷原秀人(-4)
3位T:竹谷佳孝(-4)
3位T:片岡大育(-4)
3位T:大堀裕次郎(-4)

114位T:石川遼(+5)
114位T:池田勇太(+5)
143位:伊澤利光(+11)

<ゴルフ情報ALBA.Net>