<日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯 事前情報◇6日◇北海道クラシックゴルフクラブ(7,094ヤード ・パー72)>

 ツアー通算16勝、賞金王2回。かつてアーノルド・パーマーが“キング・オブ・スイング”と絶賛したほどの美しいスイングを持つ男・伊澤利光。往年のゴルフファンには彼の復活を待つ人も多いはずだ。その伊澤が2012年以来、4年ぶりのツアー復帰を今大会で果たす。

下部チャレンジツアーにも出場した伊澤利光
 この日18ホール回った満足度は「70点」。久しぶりのツアーで感じるのはやはり「難しい」。特に「グリーン上、グリーン周りが問題」とショートゲームの出来がスコアを大きく左右することになりそうだ。

 ツアーの一線から退いてからは自身のレッスンスタジオをオープンさせるなどの活動を続けてきた。しかし、今年は4月から地方大会に出場するなど現場復帰に準備は進めており「これが4試合目なので、全く緊張しないわけではないけど、いいプレーができれば」と競技自体に不安はない。

 ただ、大舞台に戻ってきた実感はまだないという。「ピンと来てないですね。明日ティグラウンドに立たないとピンと来ないと思います」。大勢のギャラリーを前にすれば、往年の感覚も戻るか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>