<日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯 2016 事前情報◇5日◇北海道クラシックゴルフクラブ(7,094ヤード ・パー72)>

 北海道安平町にある北海道クラシックゴルフクラブを舞台に開催される国内メジャー第2戦「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯 2016」。開幕に先立ち5日(火)、予選ラウンドのペアリングが発表された。

【関連写真】世界のキタノと握手を交わす石川遼
 2月に行われた「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」以来の実戦となる石川遼は昨年覇者・アダム・ブランド(オーストラリア)、2013年大会の覇者・金亨成(韓国)との組み合わせ。石川はすでにコース入りしており、4日には練習ラウンドを実施。万全とはいかないまでも、手ごたえをつかんだ状態で復帰戦に臨めそうだ。

 ホストプロ・池田勇太は2014年大会の覇者・手嶋多一と今年のメジャー初戦「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills」で初優勝を飾った塚田陽亮とのペアリング。先週の「長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ」最終日に“65”を叩きだし良い流れで会場入り。「ホスト大会でもありますし、日本プロは思い入れもあるので気負いすぎずにやってきたいと思います」と自然体で大事な戦いに挑む。

 3年8ヶ月ぶりにレギュラーツアーに出場する伊澤利光は尾崎直道、時松隆光と激突。2012年以来の実戦となった下部チャレンジトーナメント「ランディックチャレンジ」で「全体的に内容は悪くないし、パターが入らなかっただけ」と手ごたえをつかんでおり、今大会でも注目が集まる。

 その他、先週の「長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ」で優勝した谷原秀人は近藤共弘、朴ジュンウォン(韓国)と、中嶋常幸は谷口徹、片岡大育と同組に。藤田寛之は矢野東、小田孔明とティオフする。

 プロの頂点を決めるメジャー第2戦。北の大地でカップを掲げるのは誰だ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>