<WGC-ブリヂストン招待 最終日◇3日◇ファイヤーストーンカントリークラブ(7,400ヤード・パー70)>

 世界ゴルフ選手権シリーズ「WGC-ブリヂストン招待」はオハイオ州にあるファイヤーストーンCCで最終ラウンドを行い、トータル12オーバーの52位タイからスタートした松山英樹は4バーディ・1ボギーの“67”をマークしてトータル9オーバーフィニッシュ。今大会初のアンダーパーで42位タイに順位を上げて4日間を締めくくった。

ホールアウト後リオ五輪欠場について真剣な表情で語る
 ようやく出たアンダーパーのラウンドに安どの表情がこぼれた。「ずっとアンダーパーがでないんじゃないかという心配があったけど、ここで出すことができた」。アンダーパーで回るのは実に5月の「ザ・プレーヤーズ選手権」の第3ラウンド以来。「ザ・メモリアルトーナメント」「全米オープン」、そしてこの3日間と続いた苦しいラウンドにようやく光が差した。

 この日は松村道央との日本人ペアリングでティオフ。2番のパー5でバーディを先行させると、その後はしぶとくパーを拾って流れを切らさない。迎えたバックナイン。「大きかった」と振り返った10番で3メートルのバーディパットを沈めると、13番、“モンスター”の異名をとる16番パー5とバーディを奪った。

 最終18番はボギーとし、ホールアウト後は「内容的には満足はしていないですし、ダメですけど」と厳しい自己評価も忘れなかったが、「気持ち的にラクになったし、全英に向けて気持ちが晴れやかに行けると思う」というのも偽らざる本音だ。

 スコットランドの戦いへ向けては「1年ぶりのリンクスで風対策もしないといけないし、そういう意味ではここでやっていたゴルフはまったく違うゴルフになる。でも、ショットの精度を高めていけたら風にも対応できると思う。あとはパッティングかなと思います」。この日8月のリオ五輪代表辞退を明言しただけに、ターゲットは改めてメジャーに絞られた。1週間のオフを挟んで海を渡る。

【最終結果】
優勝:ダスティン・ジョンソン(-6)
2位:スコット・ピアシー(-4)
3位T:ジェイソン・デイ(-3)
3位T:ジョーダン・スピース(-3)
3位T:マット・クーチャー(-3)
3位T:ケビン・チャペル(-3)

42位T:松山英樹(+9)他
49位T:松村道央(+12)他
57位:塚田陽亮(+24)

<ゴルフ情報ALBA.Net>