<長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ 最終日◇3日◇ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(7,167ヤード ・パー72)>

 国内男子ツアー『長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ』の最終日。トータル14アンダーからスタートした谷原秀人は2バーディ・2ボギーと伸ばしあぐねるも、逃げ切って今季初勝利を挙げた。

ミスターからトロフィーを受け取る谷原
 『全米オープン』での4日間の戦いを終えたあとに迎えた先週の『ISPSハンダグローバルカップ』では所属先のホスト大会ながら2年連続の予選落ちに。だが今大会はしっかりとショットを修正し、通算12勝目を手にした。

 勝利の要因と語ったのは、先週の予選落ち後に購入したというドラコンプロ・安楽拓也のレッスンDVD。これを見たことで、振り切った時の飛距離が伸びた上にコントロールショットの精度も向上したという。この感銘を受けた“先生”にFacebookの友達申請も了承してもらい「“今度レッスンをしてくれますか?”とメッセージを送ったら“僕で良ければ”と返ってきて…。本人からレッスンを受ければ、まだまだ伸びしろがありますね」。さらなる技術向上へのきっかけを見つけたことを喜んだ。

 DVDを購入したことの発端は『全米オープン』でトップ選手と自身の差に気づかされたこと。「(松山)英樹や岩田(寛)…(石川)遼は休んでいるけど、大変なところでやっているんだなと思いますよ。僕も1度味わってますが、日本ツアーにいてたまに海外にいっていると本当に感じる」と、2005年米ツアー参戦時の厳しさを呼び覚ます体験を同大会で得ることができた。

 この優勝で世界ランク100位以内に入ることは確実。例年、この時期にその位置に入れればメジャー最終戦の『全米プロ』に出場できる。「行けると思う。1年で3つもメジャーに出るのは初めてなので嬉しいですね」。来週の『日本プロゴルフ選手権』後には、谷原にとって今季2度目の海外メジャー『全英オープン』が待っている。次はどのような刺激を受けることができるだろうか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>