日本ゴルフツアー機構(JGTO)は27日に行った定例理事会で、賞金王など複数年シードを持つ選手に対する年間出場義務試合数の見直しを発表。2014年シーズンに年間5試合の出場義務を満たせず、翌年の資格停止と罰金80万円の制裁を受けていた松山英樹に対し、罰金を返済すると同時に資格停止の解除を決めた。

新ドライバーに手応え?飛距離アップに笑顔を見せる松山英樹
 当初松山はこの報道に自身のみの“特例”と受け止めてツアー再登録に疑念を抱いていたが、JGTO青木功会長による松山のみの特例ではないという説明を受けて、日本ツアーへの再登録の考えを示した。

 松山は開催中の「WGC-ブリヂストン招待」会場で「僕が特例じゃないようなので。よかったなと思います。今だったら(石川)遼と(岩田)寛さんと一緒にアメリカでやっているけど、特例になってその2人に適応されないとなると、おかしな話になる。特例じゃないなら登録しようと思う」という意向を示した。JGTOから正式な文書が届き次第、登録の手続きを行う。

 具体的な日本ツアーへの出場については決定していないが、「今なら推薦か、優勝した試合しか出られない。メンバーならいつでも出られるし、自分のためじゃなく、日本ゴルフ界のためというか、自分を見に来てくれるお客さんのためにも良いと思う」と語った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>