「アース・モンダミンカップ」を終えて1週間のオープンウィークに入っている国内女子ツアー。前半戦の成績をスタッツを見ながら振り返っていきたい。

【関連】上位3選手の貴重なプライベートショット
 パーかそれより良いスコアを獲得する率【(パーセーブホール数÷総ホール数)×100】であるパーセーブ率1位はやはりイ・ボミ(韓国)。メルセデス・ランキング、賞金ランクのトップを走る女王は全選手中唯一となる90%台を記録。多くの選手が口をそろえる「ボミはボギーを打たない」は数字で如実に表れている。

 2位は今季好調のキム・ハヌル(韓国)。3位に申ジエ、4位はアン・ソンジュ(韓国)と韓国勢がベスト4を独占する形にとなっている。日本勢最上位の5位には笠りつ子が入っている。

【パーセーブ率ランキング】
1位:イ・ボミ 93.5897%
2位:キム・ハヌル 89.8374%
3位:申ジエ 89.0244%
4位:アン・ソンジュ 88.8889%
5位:笠りつ子 87.5309%
6位:上田桃子 87.0370%
7位:吉田弓美子 86.7347%
8位:テレサ・ルー 86.5633%
9位:渡邉彩香 86.0544%
10位:原江里菜 85.8586%

<ゴルフ情報ALBA.Net>