<長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ 初日◇30日◇ザ・ノースカントリークラブ(7,167ヤード ・パー72)>

 国内男子ツアー『長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ』初日の競技が終了。5アンダーで首位に立ったのはタイヤゴーン・クロンパ(タイ)と重永亜斗夢。重永は風が強さを増した後半組にも関わらず、1イーグル・4バーディ・1ボギーの好ラウンドを見せたが、首の痛みを抱える状態で2日目に不安を残した。

国内男子ツアーフォトギャラリー
 「朝から首がまったく動かなくて、今でも痛いんです。バックスイングはとりづらいですし、ハリも打っている。去年も首が動かなくて棄権しましたが、同じところをやってしまって…」と2年連続でのアクシデントが発生。だがスコアは体の状態とは裏腹に…。

 INスタートの重永は前半を1アンダーとすると後半1番パー4でチップインイーグルを奪取。「消化ラウンドと割りきったところが今日のスコアに繋がった」とその後も2つ伸ばして首位に並んだ。

 首を痛めた原因は“マイ枕の不在”で「去年の大会で痛めてからはずっと持ってきていたけど…。今年も安易に考えてやってしまった」と後悔。朝に急いでマイ枕を送ってもらったが、初日の夜には間に合わないだけに「また寝てどうなるか怖いんです」と気が気でない。

 2日目も痛みは急激には引かないだろうが、試合中だけは影響がないことを祈りながら耐えて、マイ枕の到着を待つ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>