<長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ 事前情報◇28日◇ザ・ノースカントリークラブ(7,167ヤード ・パー72)>

 7月11日(月)のリオ五輪代表決定まで残り2試合。6月29日(木)に開幕する『長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ』は大事な1戦となるが、松山英樹、池田勇太、片山晋呉に続く4番手につける谷原秀人は代表争いについて「考えてません」と語るも、今大会に対しては順調な仕上がりを持って挑めると白い歯をこぼした。

【関連ニュース】代表争いのライバル・池田勇太はリラックスムードで最終調整
 まだ2週間前の『全米オープン』の時差ぼけが残っているというが、日差しは強いものの涼しい環境の北海道連戦にやりやすさを感じている谷原。先週のホスト大会『ISPSグローバルカップ』は無念の2年連続予選落ちとなったが、大会後にショットを修正。「ゴルフの調子はいい」という言葉どおり、ドライバーの飛距離も伸びたという。

 さらにパッティングも復調傾向。「グリーンがもう少し早くなって欲しい。昨日より今日の方が速かったので明日に期待します」と得意のグリーン上での勝負を望んでいる。

 パッティングでスコアを作れる自信があるだけに「4〜5つくらいはね」と、今季初優勝へ向けて、不敵な笑みを浮かべた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>