7月28日(木)よりウォーバーンGCで開催される海外女子メジャー『全英リコー女子オープン』。その出場エントリーが6月28日に締め切られ、日本からの本戦出場者が確定した。

【関連リンク】派手なガッツポーズ多数!鈴木愛の特選PHOTOをチェック!
 『アース・モンダミンカップ』終了時点での国内女子ツアー賞金ランキング上位5名(有資格者を除く)に与えられる本戦出場資格だったが、イ・ボミ(韓国)(1位)、キム・ハヌル(3位)、渡邉彩香(4位)らが出場を辞退。そのため出場権が繰り下がり、鈴木愛(5位)、ペ・ヒギョン(11位)、西山 ゆかり(12位)、柏原明日架(13位)、上田 桃子(16位)の5人に確定した。

 加えて2015年大会で15位タイまでの選手に与えられる資格で出場権を得ているテレサ・ルー(台湾)、2006年〜2015年までの歴代優勝者の資格で出場権を得ている申ジエ(韓国。昨年のリコーカップ優勝の資格、賞金ランキング上位5名の資格も所持しているが歴代優勝者の資格が優先される)も参戦。日本ツアーからは計7選手が出場することとなった。

 また、米国女子ツアーを主戦場とする宮里藍、宮里美香、横峯さくら、野村敏京の4人も出場する。ちなみに現時点で出場資格のない上原彩子は、今週の「キャンビア・ポートランド・クラシック」の36ホール終了時点までに有資格者を除くLPGA賞金ランキング上位5人に入るか、後日に行われる最終予選会を通過すれば出場権が獲得できる

<ゴルフ情報ALBA.Net>