<アース・モンダミンカップ 3日目◇25日◇カメリアヒルズカントリークラブ(6,541ヤード ・パー72)>

 現在の賞金ランク1位の申ジエ(韓国)、2位のイ・ボミ(韓国)、そして3位のキム・ハヌル(韓国)とベスト3を独占するのが1988年生まれの選手たち。日本勢を見渡しても菊地絵理香や一ノ瀬優希、若林舞衣子といった試合で上位をにぎわす面々が名を連ねる、いわゆる“黄金世代”だ。

【関連画像】韓国黄金世代は仲良し!この前はみんなで焼肉に行きました!
 そんなゴールデンエイジの1人であるイ・ナリ(韓国)はこれまでツアー2勝を挙げており、2014年には約8,000万円を稼ぐなど活躍していたが、昨年は苦しんだ。賞金ランクは29位、ベスト10はわずかに4回と悔しい結果となった。

 そんな精彩を欠いたシーズンはナリにとって転機となった。「それまでは感覚でやっていても成績も出ていたから、ちょっとダメでも“まだ大丈夫でしょ”と思っていました。それが得意の夏場になっても調子が上がらなくって。根本的に変えないといけないと思った」。

 まずはスイング。元々アイアンで球が低くグリーンで止められていないと感じたナリは高い球を打つため、専属のコーチをつけた。またオフにはドライバーショットの改善にも着手。これまでのダウンブローからアッパーブローへ変え、開幕当初にはまだ慣れておらず4戦連続予選落ちを喫したが「今年はチャレンジの年。努力したからいつかは結果が出る」と揺るがず。帯同するコーチとともに修正を繰り返すと徐々にフィットしはじめ、「平均で15ヤードくらい飛距離が伸びた。何より安定するようになりました」。

 そのショットは今大会で活きている。初日は大雨が降る中でもアンダーパー。3日目は風が強くなるなかでもぶれずに「良いショットが打てた」とベストスコアタイとなる“67”を叩き6位タイに浮上した。

 これまで全く興味のなかったギアの勉強も今年から始めた。あまりクラブを変えるほうではなく、周りに任せっきりだったが「いろいろ調べるようになりました」。力を入れたいときにしなりすぎるシャフトで悩んでいたが、開幕から様々なものを調べては試し、先週ようやく新しいスイングにマッチするシャフトを見つけたという。

 「今からでももっともっと上に行けると思っています。まだまだ勉強中です」。ナリは来月の6日で28歳。中堅からベテランと呼ばれ始める年に差し掛かったが、現状に満足するつもりはない。さらなる向上心を胸に賞金ランク上位を占める“同い年のライバル”に勝つべく戦っている。

【3日目の順位】
1位:イ・ボミ(-15)
2位:ぺ・ヒギョン(-11)
3位:堀琴音(-9)
4位T:フェービー・ヤオ(-8)
4位T:キム・ハヌル(-8)
6位T:菊地絵理香(-7)ら7名

<ゴルフ情報ALBA.Net>