<ISPSハンダグローバルカップ 3日目◇25日◇朱鷺の台カントリークラブ(6,834ヤード ・パー71)>

 国内男子ツアー『ISPSハンダグローバルカップ』3日目。アルゼンチンのエミリアーノ・グリッロ(アルゼンチン)がトータル14アンダーで単独首位の座をキープ。日本ツアー初参戦で初優勝に王手をかけた。

【関連】国内男子ツアーフォトギャラリー
 1打差の2位にはタイのタイヤゴーン・クロンパ、2打差の3位タイには朴・ジュンウォン、パク・サンヒョン(ともに韓国)がつけた。3打差の5位タイグループには日本人最上位の太田直己のほか、チャール・シュワーツェル(南アフリカ)、ビクター・デュビッソン(フランス)、ブラッド・ケネディ(オーストラリア)と上位を海外勢が席巻。

 4打差の9位タイにはパドレイグ・ハリントン(アイルランド)がおり、招待選手たちがその力を日本でも遺憾なく発揮している。

 以下に上位選手のコメントを掲載。

エミリアーノ・グリッロ
「良かったと思いますが、残念だったのが後半の3つのボギー。3日間良いプレーができているので明日も継続したいです。今のポジションはポジティブにとらえています。上位の成績がはなれてないので、試合の展開はエキサイティングになると思います。天気が良くなるといいですね」

タイヤゴーン・クロンパ
「今日は本当に風が強くて難しかったですね。特にグリーンが乾いて固くなってしまったので。あとは、よく短いパットを外してしまいましたね。どこから風が吹いているのかをしっかり見極めることが鍵だと思います。あとは風にぶつけるように打つだけ。今日と同じような風が吹けば、今日と同じプレーをするだけです」

チャール・シュワーツェル
「今日は強風の中でもショットの調子が良く、満足するプレーができた。イージーミスから3つのボギーが出たのは残念だが、首位に離されずに良かった。明日はノーボギーで7つのバーディを決めることができたらいいね。今日のようなプレーができればチャンスは十分にあると思う」

ビクター・デュビッソン
「今日はやっと満足できるゴルフができました。この風のコンディションでのショットもパットも。特に後半ボギーなしで我慢した結果が16番イーグルにつながったと思います。イーグルパットを打った瞬間、短いかなと思ったのですが、風が押してくれて決めました。明日これで今日のような良いゴルフができればチャンスがでてきました。楽しみです」

パドレイグ・ハリントン
「今日のラウンドとしては4つのバーディと1つのボギーはステディなラウンドだったと思います。現在(途中ですが)トップが15アンダーですが?上位のスコアは確認してませんが、ちょっと差がありますね。5つはちょっと多いですね。でも明日はなにがあるかわからないので、できるかぎりチャージしていきたいですね」

【3日目の順位】
1位:E・グリッロ(-14)
2位:T・クロンパ(-13)
3位T:朴・ジュンウォン(-12)
3位T:朴相賢(-12)
5位T:太田直己(-11)
5位T:C・シュワーツェル(-11)
5位T:V・デュビッソン(-11)
5位T:B・ケネディ(-11)

<ゴルフ情報ALBA.Net>