<ISPSハンダグローバルカップ 3日目◇25日◇朱鷺の台カントリークラブ(6,834ヤード ・パー71)>

 石川県の朱鷺の台カントリークラブを舞台に開催中の国内男子ツアー『ISPSハンダグローバルカップ」の3日目。2日目に首位に立ったエミリアーノ・グリッロ(アルゼンチン)がトータル14アンダーで首位を堅守。1打差の2位にタンヤゴーン・クロンパ(タイ)、2打差の3位タイに韓国のパク・サンヒョンとパク・ジュンウォンがつけた。

【関連】国内男子ツアーフォトギャラリー
 トップ5に入った日本人は太田直己のみ。5位タイには4人の選手がいるが太田以外はみな海外勢。大会名の通り、グローバルなリーダーボードとなっているが、日本のゴルフファンには寂しい状況になってしまった。

 だが選手たちは諦めてはいない。太田は「少しでも上に行かないと。日本人が頑張らないとね」と熱い意気込みを口にしていた。

 4打差の9位タイにつけた宮本勝昌はこの日、チャール・シュワーツェル(南アフリカ)、パトレイグ・ハリントン(アイルランド)、2人のメジャーチャンプと同組に。シュワーツェルのプレーはすべて見たそうで「出来るだけ正面とか真後ろとかで。もちろん実力の差もありますが、技術、精神力が日本人とは何か違うなと感じました」と大きな刺激を受けた。

 日本勢の中では2番目の好位置、もちろん逆転優勝を期待するファンが多いことも認識している。「プレーする前はそういうことをしっかり意識しながら、少しでも日本人の意地をみせたい」とコメントした。

 時差ボケに苦しめられていた池田勇太は、この日5打差の9位タイに順位を落としたが、終盤に4つのバーディを奪うなど勢いが出てきた。「トップとは離れましたけど、明日は最善を尽くし1つでも順位を上に。“○”をいっぱいとるつもりです」と心はまったく折られていない。上位を海外勢が占める中「明日は割り込みますよ」と力強く話してくれた。

 石川県で国内男子ツアーが開催されるのは02年の『アイフルカップ』以来。久しぶりのこの試合を楽しみに来たギャラリーたちを前に、海外勢上位独占のままでは終われない。

【3日目の順位】
1位:E・グリッロ(-14)
2位:T・クロンパ(-13)
3位T:朴・ジュンウォン(-12)
3位T:朴相賢(-12)
5位T:太田直己(-11)
5位T:C・シュワーツェル(-11)
5位T:V・デュビッソン(-11)
5位T:B・ケネディ(-11)

<ゴルフ情報ALBA.Net>