<ISPSハンダグローバルカップ 3日目◇25日◇朱鷺の台カントリークラブ(6,834ヤード ・パー71)>

 国内男子ツアー『ISPSハンダグローバルカップ』3日目は全選手が後半へ。トータル10アンダー首位からスタートしたエミリアーノ・グリッロ(アルゼンチン)と、タンヤゴーン・クロンパ(タイ)がトータル13アンダーに並んでいる。

【関連】国内男子ツアーフォトギャラリー
 2打差で追うのは太田直己と朴ジョンウォン(韓国)。招待選手の注目選手、チャール・シュワーツェル(南アフリカ)は4打差・トータル9アンダーとなっている。

 またディフェンディングチャンピオンの武藤俊憲が16番パー5でアルバトロスを達成。今大会は初日に宮本勝昌が同ホールで達成しており、1大会で2度のアルバトロスが記録されている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>