<ニチレイレディス 最終日◇19日◇袖ヶ浦カンツリークラブ 新袖コース(6,569ヤード ・パー72)>

 国内女子ツアー『ニチレイレディス』の最終日。首位と3打差のトータル7アンダー・4位タイからスタートしたボミは1バーディノーボギーと伸ばすことができず、優勝を飾った賞金女王レース最大のライバル・申ジエ(韓国)と、史上初のアマ2勝目を狙った勝みなみとの優勝争いに絡めなかったが、しっかりと3位タイでフィニッシュ。開幕から続く連続トップ10記録を“11”に伸ばした。

人気No.1、ボミの特選フォトギャラリー
 「3m以内のチャンスもあまりなかったですし…」と手ごたえを感じるショットもなかなかピンに絡まかったが、「アプローチを上手く打ててたのでボギーなしで回れたのは楽しかったです」と結果的に上位で大会を終える安定感はさすが昨季の賞金女王。

 ディフェンディングチャンピオンとして迎える来週の『アース・モンダミンカップ』出場後は、1週のオープンウィークを挟んで『全米女子オープン』に出場するだけに「今日のプレーが大事だった」と記録継続よりも最終18番での唯一のバーディを喜んだ。

 ジエの優勝の瞬間はカン・スーヨン、イ・ナリ、金・ナリ、ペ・ヒギョンら韓国勢とともにグリーンで待機し、抱擁で祝福。賞金ランク1位を奪われる形となったが「今週は私のショットが良くなくて、勝負ができないゴルフでしたが、ジエさんは勝負するのが楽しい選手」と切磋琢磨するライバルに賛辞を送ったボミ。再逆転を狙うために高額賞金大会の『アース・モンダミンカップ』では負けられない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>