<ニチレイレディス 初日◇17日◇袖ヶ浦カンツリークラブ 新袖コース(6,569ヤード ・パー72)>

 左ヒザに痛々しいテーピングを巻きながらも『ニチレイレディス』初日を1イーグル・3バーディ・1ボギー“68”で首位と1打差・4位タイにつけた鈴木愛。ラフには一度も入れなかったと振り返るなど「体としては厳しいですがショットはいい」と上出来のラウンドとなった。

【関連】アマチュアの勝みなみも首位タイに!初日のフォトギャラリー
http://www.alba.co.jp/special/livephoto/

 『サントリーレディス』初日から左ヒザの前部分に痛みが発症し、診断結果は腱鞘炎。「薬を飲んでも思ったほど痛みが引かず…」と改善せずに今大会に入るも「良い意味で力が入らないのでショットが全体的に良くなってきた」とケガの功名で結果が生み出せた。

 だが2打目以降のショットは「乗っても遠かったり…」と、奪った3つのバーディは1mにピタリとついた“だけ”で「あんまりです」と不満な表情。ヒザに体重がかかる左足下がりの傾斜などはショットが乱れる危険性を感じている。

 「3日間とも3アンダー」という目標を達成して今季2勝目を狙うには、好感触を得ているティショットで2打目をいかにヒザに負担のかからないところに残せるかがカギになってくるだろう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>