<ニチレイレディス 初日◇17日◇袖ヶ浦カンツリークラブ 新袖コース(6,569ヤード ・パー72)>

 開幕戦から10試合連続トップ10フィニッシュのツアー新記録を継続中で、もはや定位置となった賞金ランク首位を走るイ・ボミ(韓国)。『ニチレイレディス』初日は、前日に「伸びると思う」とボミが予想した通り展開となったが、自身も3アンダー・9位タイと首位と2打差の好位置で終えた。

【関連】イ・ボミ 特選フォトギャラリー!女子プロ写真館
 前半を2バーディ・1ボギーで終えると後半に2つ伸ばして“69”。「前半にもうちょっと取れたら良かったですが…」と振り返るも「結果3アンダーなので。1日3アンダーで回れたらいいかなと思っていました」と計算どおりといったところ。

 「今日は(前日の雨で)グリーンが止まりましたが明日からはどうなるかわからない。グリーン周りのラフは難しいので、いってはいけないところを考えなければいけない」と明日以降のコースコンディションを警戒するも、ここまですべての試合で上位に顔を出しているだけに2日目も首位と離れず、機を見て上位を狙うことだろう。

 初日首位に立ったのは、アマチュアの勝みなみ、3連覇を狙う申ジエ、金ナリ(ともに韓国)。ボミにとって勝は2014年『KKTバンテリンレディス』で1打差で競り負け、目の前でツアー最年少優勝を見せられた相手だけに「負けないように頑張ります」。またジエは2年連続賞金女王へ向けての一番のライバルだけに、2日目は“負けられない2人”との勝負になる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>