「サントリーレディス」で日本2勝目を挙げたカン・スーヨン(韓国)。最終日にノーバーディで逃げ切るベテランらしいプレーでカップを手にした。

【関連】カン・スーヨンのセッティング近影写真
 粘りのゴルフを生み出したセッティングはウッドを4本にしてウェッジを3本入れるスタイル。ドライバーは『グローレF』、シャフトはグラファイトデザインの『TourAD BB』を使用。グラファイトデザインの担当者は「カン・スーヨンが使用しているツアーAD BBは動きが少ない、クセのない挙動をするシャフトです。スイングの邪魔をしないため、カン・スーヨンのようなシンプルなスイングをする選手に相性がよく、安定した弾道になるのが特徴ですね」とマッチングの良さに太鼓判を押す。

 1本しか入れていないフェアウェイウッドは『M2』をバッグイン。「飛んで曲がらないです。すごく良い」とキム・キョンテ(韓国)らも使用するトレンドのスプーンを絶賛した。

 しぶとくパーを拾ったアプローチに用いたウェッジは『SM5』の50°、54°、60°。最終日の1番パー5では3打目を木に当てて60ヤードを残す厳しい状況となったが、これを約3mに落としてパーセーブ。優勝への流れを作った。また、パターはアメリカのTRU2ゴルフ社が開発した『CNB1』。「フェースに吸い付く感覚が気に入っています」と優勝を決める2.5mのパーパットを沈めた。

カン・スーヨンのセッティングは以下の通り。

【カン・スーヨンのクラブセッティング】
1W:テーラーメイド グローレF ドライバー 10°
(シャフト:グラファイトデザイン TourAD BB/5R/45.75インチ)
3W:テーラーメイド M2 フェアウェイウッド
3HB、4HB:アダムスゴルフ Idea
5I〜PW:テーラーメイド グローレF アイアン
AW:タイトリスト ボーケイデザイン SM5 50°
SW:タイトリスト ボーケイデザイン SM5 54°
SW:タイトリスト ボーケイデザイン SM5 60°
パター:TRU2 GOLF CSM1
ボール:タイトリスト Pro V1x

<ゴルフ情報ALBA.Net>