<サントリーレディス 最終日◇12日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(6,511ヤード ・パー72)>

 あいにくの雨模様となった「サントリーレディス」最終日。カン・スーヨン(韓国)はノーバーディ・1ボギーと天気同様すっきりとしないゴルフとなったが、1打差で逃げ切り日本ツアー2勝目を挙げた。

4日間の大会を「ライブフォト」の写真でプレーバック
 40歳のベテランは最後までしぶとかった。1番パー5の3打目を木に当てて、いきなりピンまで40ヤードを残すピンチを迎えたが4ヤードに寄せてパーセーブ。さらに4番でも3mのパーパットを残したが粘り強く沈めた。

 それでもバーディがこない。サンデーバックナインに入ってもスコアを伸ばせずパーを並べるのがやっと。そうこうしているうちに後続勢が迫ってくる。そんな中、16番で2mを決められず痛恨のボギー。ついにイ・ボミ(韓国)に追いつかれてしまう。

 だが、米ツアーを制したこともある熟練者は崩れなかった。ボミがボギーを叩き1打差で迎えた18番。セカンドショットを奥にこぼし、寄せられずに残した2.5m。痺れる距離のウイニングパットとなったが、「ストロークだけ考えて打とう」と雑念を振り切りカップイン。これまでの我慢を開放するかのように右手を掲げた。

 激闘を終えてクラブハウスに戻ってくるなり「本当に疲れた」と笑った。「最終日にノーバーディで優勝したのは初めて。今は何も考えられないですね。ただただ嬉しい」。追い詰められながらの勝利は喜びよりも安堵が先に来た。

 今年は出場予定だった「ヨネックスレディス」の前週の日曜日に交通事故にあう不運もあった。運転していた車に後ろから追突されて首を痛め、当然ヨネックスは欠場。韓国の病院で4日間ほど入院し、現在もテーピングが必須だ。

 それでも今日は自然と痛みはなかった。「何も感じませんでしたね。集中していたからでしょうか。今も興奮が冷めてないからか大丈夫です。部屋に帰ったらどっとくるでしょうね(笑)」。それだけアドレナリンが出るほどの厳しい戦いだったといえる。

 40歳のスーヨン以外にも、37歳の李知姫(韓国)、38歳の大山志保と福嶋浩子、そして42歳の表純子(優勝順)が優勝している今年の国内女子ツアー。ベテラン勢の攻勢はどこまで続くのか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>