<サントリーレディス 3日目◇11日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(6,511ヤード ・パー72)>

 大会3日目がムービングデーとなった国内女子ツアー『サントリーレディス』。トップを走るカン・スーヨンやキム・ハヌル、イ・ボミ(3人とも韓国)ら上位陣が伸ばしあぐねる中、服部真夕がスコアを7つ伸ばす“65”の猛チャージ。36位タイから一気に3位タイと優勝を狙える位置に浮上した。

サントリーレディスの激闘はライブフォトでチェック!!
 1番で3mのチャンスを沈めたのを皮切りにバーディラッシュがスタート。1つ重ねて迎えた6番からは3連続バーディで7番は7mのロングパットを沈めた。折り返してからも得意のパターでスコアメイク。きわどいパーパットを決めつつ、バーディを2つ奪い、圧巻の7バーディ・ノーボギーラウンド。「こんなスコアが出ると思っていなかった」と笑顔のホールアウトとなった。

 2013年からアプローチ不振となり、現在も悩まされている服部。だが去年から“アプローチをできる限り避ける”ために2つの工夫をしている。1つがセッティング変更、そしてもう1つがラフからのパッティングだ。

 元々飛距離に定評があるため、これまではパー5で2オンを狙うことも多かったが、届く距離でも基本戦略はレイアップ。3打目で確実にグリーンを捉えるマネジメントにチェンジしたことでクラブセッティングにも変化が…

 スプーン(3W)を抜いて48度のウェッジを導入するウェッジ3本体制(48、52、58度)にして、距離の階段をより細かくした。一時は3番ユーティリティを抜いたこともあったが、「結局3Wを抜くのが一番良いですね」と現在の形に落ち着いた。今日のラウンドではすべてのパー5でバーディ奪取。1番は52度で、5番はPWで、12番、17番は48度で、と3打目を打ちわける戦略が活きた。

 もう1つがグリーン周りでは“できるだけパターで打つ”ようにすること。1ヤードほどラフにこぼれてもウェッジは握らないという徹底ぶり。やり始めた当初は「ギャラリーだけでなく同組の選手も“えっ”ってなって…(そういう反応が)気になっていた」と抵抗感を覚えたこともあった。だが練習の成果が出はじめ、寄せられるようになってくると「(パターで)寄せるとギャラリーから“おーっ”って歓声が上がるのが分かって。そうなってからは気にしなくなった」。

 今日も花道から、ラフから、パターで次々と寄せてノーボギー。ちなみにラフからのパッティングの極意は「状況にもよりますが、ラフで止まる分“いつもより1ヤード大きくタッチを出すこと”」とのこと。「登りではしっかり打って、下りではラフを越えてグリーンに乗ったらそこから自然とコロがるというイメージで」。

 アプローチでお困りのアマチュアゴルファーは、ラフからの「プラス1ヤード」の意識は一度試してみてはいかがだろう。

【3日目の順位】
1位:姜秀衍(-12)
2位:堀琴音(-9)
3位T:キム・ハヌル(-7)
3位T:服部真夕(-7)
5位T:イ・ボミ(-6)
5位T:申ジエ(-6)
5位T:渡邉彩香(-6)
5位T:青木瀬令奈(-6)
5位T:吉田弓美子(-6)

<ゴルフ情報ALBA.Net>