<サントリーレディス 初日◇9日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(6,511ヤード ・パー72)>

 3試合ぶりの日本ツアーとなったキム・ハヌル(韓国)が、“66”を叩き出し6アンダーの首位タイスタートを切った。

イボミ、有村智恵、キムハヌルら参戦!初日写真集配信中
 これで初日を首位で終えるのは今シーズン5度目。今大会は出場10試合目で首位発進率は驚異の5割。2試合に1回はトップで初日を終えていることとなる。

 その秘訣は「いろいろと考えすぎず、“すっ”とプレーに入ること」という。「難しいところを簡単なアプローチというかシンプルに考える」ように意識しているという。今週もティオフするまでは「難しいコース」という先入観があったが、コースに出たら自分のプレーに集中。スタートホールの10番から3連続バーディを奪い、良い結果へのイメージを作った。

 今年で参戦2年目。何も分からず無我夢中だった昨年に比べ、コースはほぼ経験済み。知っていることがマイナスに働いてしまうこともあるが、“シンプルに考える”という決め事が今季の成績につながっている。

【初日の順位】
1位T:キム・ハヌル(-6)
1位T:イ・ボミ(-6)
3位T:福田裕子(-5)
3位T:有村智恵(-5)
5位T:福田真未(-4)
5位T:青木瀬令奈(-4)
5位T:カン・スーヨン(-4)
5位T:フェービー・ヤオ(-4)
5位T:木村彩子(-4)
10位T:渡邉彩香(-3)
10位T:堀琴音(-3)
10位T:飯島茜(-3)
10位T:金田久美子(-3)
10位T:森美穂(-3)
10位T:藤田さいき(-3)

<ゴルフ情報ALBA.Net>