<KPMG女子PGA選手権 事前情報◇8日◇サハリーカントリークラブ(6,624ヤード・パー71)>

 5選手が出場する日本勢で最も注目を集めるのが野村敏京だ。今季2勝を挙げて、前週の「ショップライトLPGAクラシック」でも優勝争いの末に2位フィニッシュ。前週開幕前から風邪をひいて体調は万全ではなかったが、「風邪はだいぶよくなった。(優勝争い後だけど)3日間大会だったので大丈夫です」と笑顔で最終調整を行った。

野村敏京の優勝争いをツアーハイライト動画で振り返る
 好調を維持して挑む今季2度目のメジャーもスタンスは変わらない。「みんな勝ちたいと思っているし、みんな同じ条件。もちろん優勝はしたいけど、自分のゴルフがしたい。楽しくしていたら結果はついてくる。優勝したいというより自分のゴルフができれば」。今季ここまで残している結果が野村の心をさらに強くしている。

 出場権獲得がほぼ間違いない状況となっている8月開催のリオ五輪も近づいてきた。男子ゴルフ界はジカ熱や過密スケジュールを理由に欠場を発表する選手が増えているが、出場に関しては野村も「基本的に五輪はアマチュアの試合。久しぶりにゴルフをやるということで、楽しみにはしているけど、どうなるか分からない」と言葉を選ぶ。治安の問題もあり「なんで五輪をそこでやるのか」と首をひねった。

 それでも、「金メダルはもちろん欲しい」と出るからには表彰台の真ん中を狙う心づもりだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>