タイガーの勇姿を再び見られる日はいつか。3度に及ぶ腰の手術により長期療養に入っているタイガー・ウッズ(米国)は現地時間の7日(火)に自身の公式HPを更新。次週開幕の海外メジャー「全米オープン」と米国男子ツアー「クイックン・ローンズ・ナショナル」の欠場を発表した。

【関連写真】米ツアーの最新情報を写真でチェック!
 ウッズは冒頭で、「健康を取り戻すためにハードな練習を続けてきたが、今年の全米オープンやクイックン・ローンズ・ナショナルでプレーできるだけの状態にはなっていない」と現在の状況を説明。4月には全米オープンへの出場手続きを進めていると米国メディアが報じたため、同大会での復帰が噂されていたが、調整は間に合わなかったようだ。

 「サポートを続けてくれるみんなに感謝したい。USGAや出場選手など、オークモントにいるすべての人にとって素晴らしい1週間になることを願っている」と心境を綴ったウッズ。最後のツアー出場となった昨年の「ウィンダム選手権」から早10か月が経過しているが、復帰時期に関するコメントはなかった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>