<ザ・メモリアル・トーナメント 最終日◇5日◇ミュアフィールド・ビレッジGC(7,265ヤード・パー72) >

 オハイオ州にあるミュアフィールドビレッジGCで開催された、米国男子ツアー「ザ・メモリアルトーナメント」は最終ラウンドを行い、トータル4アンダーの58位タイから出た岩田寛は4バーディ・2ボギーの“70”で2つスコアを伸ばし、トータル6アンダーの46位タイでフィニッシュした。

岩田寛の妙技?ウェッジにボールが…
 この日はINから出るとパープレーを続けて迎えた18番で約189ヤードを1メートルにつけてバーディを先行。3番では5メートルを沈めて2つ目のバーディ。5番、7番と2つのパー5もバーディとして一時は8アンダーまで浮上を果たした。

 しかし、8番パー3でティショットを左に外してボギーとすると、最終9番もグリーンサイドからのアプローチを寄せきれずボギーを叩いてスコアを落としてのホールアウトとなった。

 それでも、この日はティショットでフェアウェイを外したのは1ホールのみと、ショットは4日間で尻上がりに調子を上げた。ラウンド中の表情にも明るさがみられる場面も多く、手ごたえは少なくなさそうだ。岩田は6日に「全米オープン」最終予選に出場予定。1日で2つのコースを回る長丁場となるが、この勢いでメジャーへの切符を勝ち取ることができるか。


<ゴルフ情報ALBA.Net>