<日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills 3日目◇4日◇宍戸ヒルズカントリークラブ 西コース(7,384ヤード・パー71)>

 「このコースで通用する選手は海外でも通用する」と青木功JGTO会長が語った今年の「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills」。プロの感性を引き出すコースセッティングだけにベテラン勢の活躍が目立ったが、緊迫感ある最終日に“66”を叩き出した31歳の塚田陽亮がツアー初優勝を飾った。

今大会はレジェンドも躍動!ジャンボはエージシュートに迫る
 昨年も初日を終えてほぼ最下位から8位フィニッシュしたこともあり、「このコースは好きですね。フェードヒッター向き」と語る塚田。ジュニア時代に指導経験があり、昨年からコーチを務める堀尾研仁氏も「低いフェードボールは抜群に上手い」と太鼓判を押した上に、今大会は青木会長の“フェードでボールをしっかりと止める技術がある選手がスコアを出せる”という意向がピン位置に反映されており、セカンドショットでも塚田の持ち球が活きた。

 不調時にはスライスが強くなる傾向があったが、昨年から今オフにかけてドローボールを打つ練習を継続。塚田本人も「カットに入りすぎることが修正された」と安定感が増したことを実感していた。堀尾コーチも「彼の才能はすごい。球の高さが出たらアメリカで戦えるパワーがあるので“高いところを見て、やりなよ”と話しています。世界を見据えたゴルフをするためにはドローを打てたほうがいい」とさらなる成長を促している。

 今大会の優勝副賞となる「WGCブリヂストン・インビテーショナル」出場権と、今季今大会までの賞金ランク2位以内(キム・キョンテはすでに有資格者のため繰り下がり)の権利で「全英オープン」出場権を獲得。「全英は気が重いですね…」と苦笑いしたが、中学3年からフロリダ州のIMGアカデミーで修行していた経験があるだけに「(アメリカでの)WGC-ブリヂストン・インビテーショナルは楽しみです」と胸を躍らせる。

 世界で活躍する選手が増えていくことは日本ゴルフ界にとって大きな課題。周囲がポテンシャルの高さを認めながらなかなか勝利をつかめなかった塚田だが、この優勝をキッカケにしたい。

【最終結果】
優勝:塚田陽亮(-2)
2位:マイケル・ヘンドリー(-1)
3位T:アダム・ブランド(E)
3位T:谷原秀人(E)
5位T:ハン・ジュンゴン(+1)
5位T:ショーン・ノリス(+1)
5位T:パク・サンヒョン(+1)
8位T:小田龍一(+2)
8位T:ブラッド・ケネディ(+2)

<ゴルフ情報ALBA.Net>