<日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills 最終日◇5日◇宍戸ヒルズカントリークラブ 西コース(7,384ヤード・パー71)>

 3日間終えて首位はトータル1アンダーアンダーパーが2人という状況でスタートした「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills」最終日。今年のツアープレーヤーNO.1に輝いたのは、7バーディ・2ボギーの“66”と爆発した塚田陽亮だった。

世界の青木も絶賛した塚田の17番ホール
 トータル3オーバー・12位タイ、最終組から4つ前からスタートした塚田は、いきなりのチップインパー発進。流れをつかむと2番で1つのバーディを奪って、続く3番ではチップインバーディ。5番でのバーディでトータルイーブンとし、優勝戦線に顔を出した。

 その後は1つ落とし前半9ホールを終えた時点でトータル1オーバー。首位とは3打差でのバックナインとなったが、塚田は気持ちを切り替えていた。「8番でボギーを打って、ブスっとしていたのですが、キャディの梅原(敦)さんから“そんな顔をしているやつを神様は見ないよ”と言われて…その一言が効きました」。

 気合いを入れなおした塚田は後半11番、13番で2つ伸ばしてトータル1アンダーと優勝戦線に復帰。その間に谷原秀人、ハン・ジュンゴン(韓国)といった上位勢がスコアを落とし、単独首位で勝負の17番を迎える。完璧なティショットから113ヤードのセカンドを約1.5mにチャンスにつけ、バーディ。最終18番も2打目がピン方向に木がかかる状況となったが、「逃げる気持ちがあれば自分を苦しめることになる」と左から巻いていくフェードで2オン。トータル2アンダーのトーナメントリーダーでホールアウトし、後続の結果を待った。

 塚田が18番プレー中に最終組の谷原が15番でイーグルを奪い一時的に並ぶも、その後谷原は連続ボギー。マイケル・ヘンドリー(オーストラリア)も1打及ばずホールアウトし、クラブハウスで勝利を聞いた塚田は「4粒くらい涙が…」と31歳での初優勝をかみ締めると、ジュニア時代から親交がある同級生の池田勇太から祝福を受けた。

 青木JGTO会長になって初のツアー選手権は会長みずから「選手が自分を見つめ直せる、プロの力を引き出すセッティングです」と語ったように4日間選手たちを苦しめた。そのなかで最終日に攻めの気迫を貫いた塚田は勝者にふさわしいプレーぶり。「自分のプロ入り前の夢は30歳までにツアー出場できればいいだった」という塚田は爆発的なプレーが売りだがここまで優勝に届かなかったものの、5年連続で初優勝者を出している“ツアー選手権のジンクス”を継続した。

 「これを力に変えて、2勝、3勝をしていけるように。日本ツアーなので日本人がもっと盛り上げていきたい」。爆発力あるゴルフが魅力だけに“新たにツアーをアピールする選手が出てきて欲しい”という大会の思いを受けて、今後もツアーを盛り上げていく。

【最終結果】
優勝:塚田陽亮(-2)
2位:マイケル・ヘンドリー(-1)
3位T:アダム・ブランド(E)
3位T:谷原秀人(E)
5位T:ハン・ジュンゴン(+1)
5位T:ショーン・ノリス(+1)
5位T:パク・サンヒョン(+1)
8位T:小田龍一(+2)
8位T:ブラッド・ケネディ(+2)

<ゴルフ情報ALBA.Net>