<ショップライトLPGAクラシック 初日◇3日◇ストックトン・シービュー・ホテル&GC ベイC >

 1年に3試合しかない3日間大会の1つ「ショップライトLPGAクラシック」が開幕。その初日、宮里藍が7アンダーで首位タイ発進を見せた。

【関連写真】有村智恵と笑顔でパチり!宮里藍フォトギャラリー
 INから出た宮里は出だしの10番で5mを沈めてバーディ発進。「気持ち良くスタートできた」と流れを作ると、その後もバーディを重ねてスコアを2つ伸ばして折り返す。

 さらにバックナインでは2番で「難しいホールなのでパーで上がれれば良いと思っていたのがぽーんと入ってくれた」とバーディを奪うと次のの3番では「手前にのっただけでした。結構強く打ったけどうまく入ってくれて良かった(笑)」という13mを沈めてイーグル奪取。「後半はうまく行った」とその後もバーディを重ねてボードの一番上に名を連ねた。

 「ショットは実はあまりよくなくて、つかまるシーンが多かった」とスコアの割りに苦労したが「それでもミスを最低限に抑えられた」。このコースはフェアウェイにボールがあれば良い、割り切ってプレーしたことが奏功したと語る。

 「明日にこの流れをつなげていきたいという気持ちが強い。流れに身を任せてがんばりたい」。今大会は3日間の短期決戦。勢いがそのまま順位に出る可能性は非常に高いだけに残り2日、リズムの良さを活かして駆け抜ける。

<ゴルフ情報ALBA.Net>