<ザ・メモリアル・トーナメント 2日目◇3日◇ミュアフィールド・ビレッジGC(7,265ヤード・パー72) >

 オハイオ州にあるミュアフィールド・ビレッジGCで開幕した米国男子ツアー「ザ・メモリアル・トーナメント」。107位タイから出た岩田寛が5バーディ・ノーボギーの“67”でトータル2アンダーまで伸ばし決勝ラウンドに駒を進めた。

【関連ニュース】開幕前日練習場で打ち込む岩田寛
 OUTから出た岩田は5番で3mを決めてバーディ先行。そこからビタビタとピンにからめ6番、7番、8番とバーディを奪取。さらに9番では約8.5mをねじ込み圧巻の5連続バーディ。後半は全てパーを並べる展開となったが、カットラインを下回ることなく駆け抜けた。

 これで「AT&Tバイロン・ネルソン選手権」、「ディーン&デルーカ招待」に続き3試合連続で予選突破。調子は上向きだ。一緒に練習ラウンドを行った後輩・松山英樹は決勝に進めなかったが、先輩が今日の勢いをさらに加速させシード獲得へ邁進する。

<ゴルフ情報ALBA.Net>