<日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills 2日目◇2日◇宍戸ヒルズカントリークラブ 西コース(7,384ヤード・パー71)>

 予選カットスコアはトータル8オーバー。予選ラウンドを終えてアンダーパーが4名。開幕前に青木功JGTO会長が「選手にとっては文句が言えない状態。自分を見つめ直せるセッティングにっている」と語ったように、シビアな神経戦となっている今季のメジャー初戦「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills」。

ジャンボ尾崎は予選通過ならずも…エージシュートに迫る
 過去5年間で初優勝者を生み出している同大会だが、谷口徹、藤田寛之、宮本勝昌が過去に例がないくらい難しいと評するだけあって、予選ラウンド通過者は経験あるベテラン勢の活躍が目立つ。

 日本勢で唯一のアンダーパーを記録しているのはトータル1アンダー・3位タイの谷口徹。イーブン・5位タイには谷原秀人、そして1オーバー・8位タイには矢野東が入り、2オーバー・11位タイには藤田、宮本。さらに4オーバー・19位タイの尾崎直道と、5オーバー・29位タイの中嶋常幸というレジェンド2人も予選突破を果たした。

 そのなかで躍進を見せているのが、茨城・鹿島学園高出身で同コースのラウンド経験が多い25歳の小袋秀人。初日2アンダー発進となり、2日目は終盤に崩れるも1オーバーで踏みとどまった。

 “このコースで通用する選手は海外でも通用する”と青木が自信を見せた今大会は、谷口が「優勝はまったく読めない」、宮本が「4日間終わってアンダーパーにいれば優勝するチャンスあり」と展望を語るように、1日でも60台を出せばチャンスがある状況。

 “難しいセッティングで選手の感性を引き出し、選手を育てる”という青木の意思があるだけに小袋を含め、3オーバーの山岡成稔、4オーバーの中里光之介、前粟藏俊太ら20代の選手もベテランを追いかける活躍を見せて欲しい。

【2日目の順位】
1位:J・B・パク(-3)
2位:ハン・ジュンゴン(-2)
3位T:谷口徹(-1)
3位T:チェ・ホソン(-1)
5位T:朴ジュンウォン(E)
5位T:谷原秀人(E)
5位T:アダム・ブランド(E)
8位T:小袋秀人(+1)
8位T:矢野東(+1)
8位T:ハン・スンス(+1)

<ゴルフ情報ALBA.Net>