<ヨネックスレディス 初日◇3日◇ヨネックスカントリークラブ(6,423ヤード ・パー72)>

 国内女子ツアー「ヨネックスレディス」が開幕。タイのポラニ・チュティチャイが9アンダーで14年ぶりに大会コースレコードを更新。2位に5打差をつけるロケットスタートを決めた。

【関連】ボミ、琴乃、桃子らの初日をフォトギャラリーでプレーバック!
 チュティチャイが「6週間前から使っている」ドライバーは、“地クラブ”メーカー・BALDO(バルド)の『COMPETIZIONE 568』。BALDOは兵庫県に所在を置き、打感と飛び、そしてソール部分に大胆に彫りを入れる尖ったデザインが特徴のメーカー。そんな日本では“知る人ぞ知る”ブランドだが、「タイではかなり人気なんです」と話す。

 米国女子ツアーでは同じくタイのポーナノン・ファトラムがBALDOのクラブを使用。タイで行われる「ホンダクラシック」でのプロモーション活動やプロアマ大会のスポンサードなどにより、かの地では広く認知され人気を博しているそうだ。

 今はドライバーを使用しているが、「これからもっとBALDOのクラブを増やそうと思っている」とアイアンなどの使用も検討しているという。ツアーではあまりお目にかかれない地クラブで戦うチュティチャイ。この勢いで日本ツアー初優勝を挙げれば、BALDOの認知度はかなり上がることになるだろう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>