<ヨネックスレディス 事前情報◇2日◇ヨネックスカントリークラブ(6,423ヤード ・パー72)>

 USキッズ世界選手権を11年から3連覇するなど4勝。IMGキャロウェイジュニア世界選手権を13年から3連覇するなど“世界”とつく大会を7度制した11歳のアマチュア、アレクサ・パノ(米国)が国内女子ツアー「ヨネックスレディス」でツアーデビューを果たす。

11歳347日でプロツアーデビューした金田久美子は08年にプロ転向
 なお、米国女子ツアーに出場したことはなくプロツアーはこれが初出場。パノの11歳と288日での出場は、金田久美子の11歳347日を59日抜きツアー最年少記録となる。

 「初めてのプロの試合に出ることを楽しみにしています」とリラックスした様子で話していたパノ。この日はプロアマ戦が行われていたため、ラウンドはせず練習場とパッティンググリーンで時間を過ごした。

 「普段のアメリカのコースと違って高低差のあるユニークなコース。挑戦のしがいがあります」とコースを評した。目標スコアは決めずに「試合に集中することだけを考えて」初日に臨むという。

 ヨネックスのクラブを4年前から愛用。「シャフトも作っているので、どちらもフィッティングしてくれる」と今回はその縁で今大会に出場することとなった。多くのギャラリーを前にプレーすることとなるが、「良いプレーを楽しんでもらいたい」と堂々と話していた。

 ゴルフの楽しさは「勝負もたのしいけど、いろんなところを旅することができるので」。今回の日本滞在も焼肉を堪能するなど楽しんでいる様子。憧れの選手を聞かれると、「モーガン・プレッセル」と日本ツアーでも優勝経験のあるプレーヤーの名前を挙げていた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>