<ザ・メモリアル・トーナメント 事前情報◇1日◇ミュアフィールド・ビレッジGC(7,265ヤード・パー72)

 米国男子ツアー「ザ・メモリアル・トーナメント」がオハイオ州にあるミュアフィールド・ビレッジGCで2日(木)に開幕を迎える。今大会には歴代チャンピオンの松山英樹に加え前週にフィールド入りした岩田寛も出場。久々に日本勢2人が同じコースに立つ。

松山英樹はプロアマで驚愕ショット!
 岩田は2月の「AT&Tペブルビーチ・プロアマ」での優勝争いの末の4位タイ以降停滞が続き、FedExカップランクも現在129位と125位以内のシード圏外にいる。特に苦しんだのが4月以降の戦いだ。「シェル・ヒューストン・オープン(3月31日〜4月3日)」での予選落ちから「RBCヘリテイジ」のMDF(セカンドカット)を挟んで、「ウェルズ・ファーゴ選手権」まで5大会連続で最終日までたどり着くことができなかった。

 ここ2戦は予選を通過し不調の底は打ったかに思われたが、先週の「ディーン&デルーカ招待」では最終日に“74”を叩くなどまだ確かな光は見えていない。調子は決して悪くないものの、突然出る大きなミスへの不安をぬぐえずにいるという。大会前日のこの日はプロアマ出場がなかったため練習場での打ち込み後、ハーフラウンドで調整。大会明けの月曜には「全米オープン」最終予選会も控えているだけに、この舞台での戦いを足掛かりとしたいが、果たして。

<ゴルフ情報ALBA.Net>