<日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills 事前情報◇1日◇宍戸ヒルズカントリークラブ 西コース(7,384ヤード・パー71)>

 今季の国内メジャー第1戦となる『日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills』。『ツアー選手権』は2011年のJ・B・パク(韓国)から、藤本佳則(2012年)、小平智(2013年)、竹谷佳孝(2014年)、梁津萬(2015年)と過去5年間で初優勝が誕生しているだけに今年も初優勝を狙う選手に期待が集まる。中でも最右翼は序盤から好調の今平周吾、永野竜太郎の2人だろう。

【関連】全英の切符を獲得し笑顔を見せる今平周吾
 今平は今季初戦となる1月の『SMBCシンガポールオープン』で腰痛のためスタート直前に棄権。人生最大の怪我で3月に入るまでラウンドができなかったが、国内開幕の『東建ホームメイトカップ』から5戦連続で予選突破。『パナソニックオープン』では4位に入り、先週の『〜全英への道〜 ミズノオープン』では1打差・2位タイと優勝争いに絡み、『全英オープン』への切符も獲得。現在賞金ランキング5位につけている。

 腰痛はプレーには支障はないが「また痛めたら嫌だなっていうことで思い切って振れない」という状態。165cmと小柄ながら思い切ったドライバーショットが魅力で昨季1年間のドライビングディスタンスは284.03ヤード(全体19位)。だが今季ここまでは275ヤード(全体53位)で実感的には「20ヤードくらいは違うんじゃないですか」。

 プレーを支えているのは昨季1年間のツアー経験で成長したショートゲーム。「ショットとかもあまり良くないですが、ミスしたときのアプローチ、パットはいい。アプローチで凌ぎながら、いいショットの時にバーディが取れている」と要所を締めるゴルフで結果を残している。シード1年目だけに特定の大会の照準を合わせることはせず「いまは全部が大事です」と語る23歳の若武者は、毎試合トップ10を狙いながら優勝の機会を伺っている。

 水戸の水城高校ゴルフ部出身で、昨年の『ツアー選手権』で2位タイフィニッシュと結果を残した永野は、今季7試合出場でトップ10入り4度を果たして凱旋。出身は熊本県で、『東建ホームメイトカップ』では熊本地震の被災者へエールを送る優勝争いを演じた。

 「いつの試合でも勝ちたいですが、メジャーで初優勝できたらいいなと思います」との思いがあるも「宍戸はいつ来てもつねに難しいイメージ」と昨年の好成績によるコースイメージの転換はない。だが「マネジメントや(コースごとの)気持ちの持っていき方が大事になってくる」と昨年の4日間連続での優勝争いの経験は大きい。現在賞金ランク6位で今大会終了時点の賞金ランク2位以内(※金庚泰が有資格者のため実質3位以内)に与えられる“全英チケット”を狙える位置だけに「チャンスがある限り全力は尽くします」とモチベーションは高めている。

 2選手以外には李尚熹(韓国)、重永亜斗夢らも注目。20代の新たなスターが誕生すれば男子ツアーも活性化される。

<ゴルフ情報ALBA.Net>