<全米女子オープン予選会 ◇30日◇大利根カントリークラブ(東コース/6,326ヤード・パー72、西コース/6,368ヤード・パー72)>

 5月30日(月)に大利根カントリークラブが開催された『全米女子オープン予選会』。68名の選手が強烈な雨のなか36ホール(東ホール18ホール/西ホール18ホール)を戦い、原江里菜と佐藤絵美がトータル4アンダーでトップ通過。松森彩夏がトータルイーブンで2年連続での出場権を手にし、最後の1枠はトータル1オーバーで並んだ堀琴音、松原由美(アマチュア)とのプレーオフを勝ち抜いた澤田知佳(アマチュア)が滑り込んだ。

【関連】似合いすぎ?!原江里菜の着物姿2連発
 第1ラウンドを“69”で回り、後半も1つ伸ばして後続の結果を待たずに当確ランプを灯したのは原。先週の『リゾートトラストレディス』はもともと欠場予定だったため、練習ラウンドで2度コースを訪れ、「コースが難しくなっているので私向きでチャンスがあると思った。東ホールがドロー向きだったで…」とコースチェックする入念な準備が功を奏した。

 『全英リコー女子オープン』には出場経験があるが『全米女子オープン』は初出場。「女子ゴルフのなかでは一番大きい試合。自分の力を試せる場ですし自分の立ち位置を知るためにも出たかった試合」と熱望するビッグトーナメントの出場権獲得に笑顔を見せた。

 もう一人のトップ通過となった佐藤は「アメリカでの試合は一つの目標だった」。尊敬する東北高校の先輩・宮里藍の活躍に刺激を受け“いつか私も…”という願いも持っていただけに「自分にとって初めての舞台。ワクワクする気持ちがあります」と米ツアーへ思いを馳せた。

 松森は「出場した気持ちは去年よりもあった」としっかりと狙いにいった上での連続出場。2015年大会は「雰囲気に圧倒されて…“会場の迫力を見てきた”感じです」と悔しさを残した。「通用しなかった点はアプローチのバリエーション」だったが、オフにはみっちりとアプローチに取り組み、「今年はツアーでも予選落ちがなくなった」と経験を活かすことができている。「トップ10を狙える位置に!」と借りを返したい思いで戦う決意を新たにした。


<ゴルフ情報ALBA.Net>