<〜全英への道〜 ミズノオープン 最終日◇29日◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(7,415ヤード・パー72)>

 9位タイから出た市原弘大はこの日5バーディ・1ボギーの“68”でラウンド。スコアを4つ伸ばし、トータル10アンダー2位タイでフィニッシュした。惜しくもツアー初優勝には手が届かなかったが、上位4選手に与えられる最古のメジャー「全英オープン」への出場権をつかんだ。

宮里優作、今平周吾らが教えるゴルフレッスン公開中!
 優勝も狙える展開だった。「12アンダーか13アンダーぐらいで優勝だと。思いがけず、でしたね」。上位陣が軒並みスコアを伸ばせず、大混戦に。キム・キョンテ(韓国)が最終ホールで3メートルのパーパットを外せばプレーオフだったが、「期待はしていませんでした。自分のプレーがしっかりできたのが良かったですね」といつもの温和な笑顔をみせた。

 この日が34歳の誕生日。「この試合は昨年予選落ちでしたし、意識はしていなかったです。自分で祝う形になりましたが、良かったです」、自分自身に2度目の全英のチケットという最高のプレゼントができた。

 2012年、ロイヤルリザム&セントアンズGCで開催された初めての全英オープンは無念の予選落ち。「雰囲気に飲まれて、観光客のようになってしまいました。気が付いたら終わっていた。今回はプレーヤーとしてしっかりできるよう準備したい」。前回のリベンジをするために、風対策などこれから入念に調整を重ねていく。

【最終結果】
優勝:キム・キョンテ(-11)
2位T:市原弘大(-10)
2位T:今平周吾(-10)
2位T:イ・サンヒ(-10)
5位T:谷原秀人(-9)
――全英オープン出場権獲得――
5位T:高柳直人(-9)
5位T:マイケル・ヘンドリー(-9)
5位T:小平智(-9)
9位T:永野竜太郎(-8)
9位T:片岡大育(-8)

<ゴルフ情報ALBA.Net>