<リゾートトラスト レディス 最終日◇29日◇グランディ鳴門ゴルフクラブ36(6,524ヤード ・パー72)>

 強風のため最終日が競技中止となり2日間競技となった「リゾートトラスト レディス」。カップを手にしたのはハーフを終えて“45”を叩いていた表純子だった。

強風で飛びそうになるキャップを抑える菊地絵理香
 トータル9アンダーの単独首位から出た表だったが「調子が良くない中で風が吹くとやっぱりきつい」とこれまでとは違い強風の中での戦いに四苦八苦。連続ボギーを叩いて迎えた7番パー3ではティショットでOBとするなど刻んだ打数は“7”。さらに9番でもダボを叩き貯金をすべて吐き出し、31位タイでハーフターンを迎えた。

 だが、10番のティショットを打ったところで中断のサイレン。クラブハウスに引き上げて周りからいろいろ冷やかされてながら判断を待つ中、1時間30分経った14時30分に中止が決定。その瞬間、2日目のトップだった表の優勝が決定した。

 だが、さすがに表彰式の最中も心境は複雑だ。「どうしたら良いんですかね」と苦笑いを浮かべるしかない。「でも、もう1回ちゃんと勝ってやろうという気持ちが強くなりました。このままだと、一生言われそうですもん(笑)」。早く今日の勝利を上書きできるような圧勝劇を挙げたいところだ。

 とはいえ現在ツアー連続出場記録を持つ表にとって今日の勝利は大きい。優勝者と賞金ランク25位以内しか出場できない最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」の出場権を手中に収め、賞金ランク35位以内のみが出場できる日米共催の「TOTOジャパンクラシック」への参戦もグッと引き寄せた。これに関しては「素直に嬉しいです」と喜び、連続出場に関しても「怪我とかをしていない以上は出たいですね」と更なる更新に意欲的だ。

 そして、今回得た賞金の一部は熊本に寄付する予定だという。「自分のできる形で送りたいですね」。これに関しては地元広島市の豪雨による土砂災害の時にお世話になったお返しという意味合いもあるという。

 「調子もちょっとずつ良くなっているので、できれば今年中に勝ちたいですね」と今後の意気込みを語ったが表情は最後までなんとも言えないものだった。

【最終結果(36ホール)】
優勝:表純子(-9)
2位T:成田美寿々(-8)
2位T:ポラニ・チュティチャイ(-8)
4位T:イ・ボミ(-7)
4位T:佐伯三貴(-7)
4位T:菊地絵理香(-7)
7位T:藤田さいき(-6)
7位T:川満陽香理(-6)
7位T:西山ゆかり(-6)
7位T:福田裕子(-6)
7位T:下川めぐみ(-6)
7位T:フェービー・ヤオ(-6)

<ゴルフ情報ALBA.Net>