<男子世界ランキング>

 最新の男子世界ランキングが発表され、米国男子ツアー「AT&Tバイロンネルソン選手権」を制したセルヒオ・ガルシア(スペイン)が世界ランクも15位から12位に浮上した。

【関連ニュース】そっくり?ジョーダン・スピースが持っているのは…
 トップはジェイソン・デイ(オーストラリア)がキープするなどベスト10に変動はなし。同大会を欠場した松山英樹はガルシアの影響で15位と1つ順位を落としている。

【男子世界ランキング】
1位:ジェイソン・デイ(13.22pt)
2位:ジョーダン・スピース(10.78pt)
3位:ローリー・マキロイ(9.64pt)
4位:バッバ・ワトソン(7.73pt)
5位:リッキー・ファウラー(7.41pt)
6位:ヘンリック・ステンソン(7.08pt)
7位:アダム・スコット(6.94pt)
8位:ダスティン・ジョンソン(6.70pt)
9位:ダニー・ウィレット(6.12pt)
10位:ジャスティン・ローズ(5.90pt)

12位:セルヒオ・ガルシア(5.09pt)

15位:松山英樹(4.67pt)
83位:池田勇太(1.76pt)
86位:片山晋呉(1.69pt)
114位:谷原秀人(1.36pt)
126位:藤本佳則(1.24pt)
133位:宮里優作(1.23pt)
137位:岩田寛(1.20pt)
155位:石川遼(1.09pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>