<関西オープン 最終日◇22日◇橋本カントリークラブ(7,127ヤード・パー71)>

 予選ラウンドを6人のアマチュアが突破した「関西オープン」。初日に首位と1打差につけ、史上二番目の年少記録で予選を突破した14歳の三田真弘が大きな注目を集めたが、ローアマに輝いたのは関西の強豪校、大阪学院大学4年生の石徳俊樹だった。

前年は今季注目のルーキー長谷川祥平がローアマ
 石徳はこの日“72”でスコアを1つ落としたものの、トータル4オーバー23位タイでフィニッシュ。アイアンショットが左に曲がり、「アンダーで回りたかったです。アプローチ、パットには自信があるのですが。まだまだですね」と課題を得た。それでも、多くのプロが苦しんだ硬く、速いグリーンは「得意なので、楽しく回れました」とショートゲームに対する自信を伺わせた。

 大学の先輩、大堀裕次郎が13年、長谷川祥平が15年にこの大会でローアマとなりプロの世界に羽ばたいている。自身がツアーでローアマを獲ったのはこれが初。「この流れに乗って行きたいですね」とこの結果を今後のゴルフ人生につなげていく。

 三田は3連続バーディスタートと快調なスタートを切ったが、この日は“76”と5つスコアを落としトータル10オーバー51位タイでフィニッシュ。「初日は本当に良いゴルフができましたが、その1日だけでした。グリーンコンディションや風が変わっても、もう少し良いゴルフをやらないと」とこちらも大きな課題を得た。

 収穫は「大勢のギャラリーを経験できたこと」。観衆が増えると、「冷静な自分がいないかな。その辺りはまだまだ」。14歳の三田のポテンシャルは無限大、この4日間の貴重な経験は飛躍へのバネとなるはずだ。

【最終結果】
優勝:チョ・ビョンミン(-6)
2位T:近藤共弘(-5)
2位T:スコット・ストレンジ(-5)
4位:川村昌弘(-4)
5位T:池田勇太(-3)
5位T:塚田陽亮(-3)
5位T:ブラッド・ケネディ(-3)
8位T:塩見好輝(-2)
8位T:武藤俊憲(-2)
8位T:藤田寛之(-2)
8位T:朴ジョンウォン(-2)

<ゴルフ情報ALBA.Net>