<関西オープン 最終日◇22日◇橋本カントリークラブ(7,127ヤード・パー71)>

 国内男子ツアー「関西オープン」の最終日。15位から出た池田勇太が5バーディ・1ボギーの“67”をマーク。スコアを4つ伸ばしトータル3アンダー5位タイでフィニッシュした。

勇太組を追いかけて長蛇の列 大ギャラリーがつめかけた
 池田はこれが6試合目だが、2試合「レオパレス21ミャンマーオープン」から5試合連続のトップ10フィニッシュ。今季はクラブ契約やウエア契約を変更、“ニュー勇太”として戦っているが、すでに1勝を挙げるなど序盤戦から大きな存在感を放っている。

 この日は気温が上がり夏日。コースのアップダウンも加わって、「やりきるので精一杯だったよ」と苦笑いを浮かべた。「状態は悪くなかったんだけど」グリーン上で苦しみ優勝争いには絡めなかったものの、「内容は悪くなかった」と引き続きプレーには好感触を得ているようだった。

 月曜日には兵庫県の東広野ゴルフ倶楽部で開催される海外メジャー「全米オープン」の最終予選会に出場を予定する。「この試合に出てない人のほうが有利かもね」と笑っていたが、この日の勢いをそのまま明日につなげたいところだ。

 この日は6,430人のギャラリーが来場。4日間のトータルは15,615人で09年にこの大会がツアーに復帰して以来最高の数字となった。池田の組には特に多くのギャラリーがついており、大会の盛り上がりには「よかったよね」と目を細めていた前選手会長。報道陣の対応後は、サインを待つギャラリーのもとに急いで向かっていた。

【最終結果】
優勝:チョ・ビョンミン(-6)
2位T:近藤共弘(-5)
2位T:スコット・ストレンジ(-5)
4位:川村昌弘(-4)
5位T:池田勇太(-3)
5位T:塚田陽亮(-3)
5位T:ブラッド・ケネディ(-3)
8位T:塩見好輝(-2)
8位T:武藤俊憲(-2)
8位T:藤田寛之(-2)
8位T:朴ジョンウォン(-2)

<ゴルフ情報ALBA.Net>