<中京テレビ・ブリヂストンレディス 最終日◇22日◇中京ゴルフ倶楽部 石野コース(6,431ヤード ・パー72)>

 予選ラウンドとはうって変わって、上位陣が停滞しスコアが伸びない展開となった「中京テレビ・ブリヂストンレディス」の最終日。マンデートーナメントを突破して出場を果たした上原美希は、トータル7アンダー・4位タイから最終日も2つ伸ばしてトータル9アンダーでフィニッシュ。鈴木愛、藤本麻子とのプレーオフへ進み、惜しくも敗れたものの、ツアー自己ベストとなる2位タイで大会を終えた。

プレーオフを争った鈴木愛は終盤に大トラブル
 2010年プロ入り後はシード経験がなく、今季のQTランクも57位。「最初は正直1回目のプレーオフで3位以内に入ると来週も出場できるので“3位以内でもいいや”と思っていました」と心境を振り返った上原。それでもこの日は全体を通してアイアンショットがキレていたこともあり、プレーオフ1ホール目でバーディを奪取。鈴木との直接対決となった2ホール目もバーディチャンスを作り出し、最後までギャラリーを沸かせた。

 2015年はQTランク32位でほぼすべての試合に出場できる権利を獲得するも、1月に瞬発系トーレニング中にアキレス腱を断裂。「(怪我から)4か月後にクラブを振りはじめて、先生には“治療は長くなる、ひょっとすると今後は難しいかもしれない”と言われてましたが、出来る限りことはやってきた」と逆境を跳ねのけ、1年前にツアー復帰。昨季はシード争いに顔を出せなかったが、今大会の自己ベストは苦労に報いる結果となった。

 「いい経験だったのでまた来週上位に食い込んで優勝争いできるように練習します」。ショットで戦える自信を胸に初シードに向けてツアーに挑む。

【最終結果】
優勝:鈴木愛(-9)
2位T:上原美希(-9)
2位T:藤本麻子(-9)
4位:川満陽香理(-8)
5位T:渡邉彩香(-7)
5位T:テレサ・ルー(-7)
5位T:サイ・ペイイン(-7)
5位T:ジョン・ジェウン(-7)
5位T:下川めぐみ(-7)
5位T:福田真未(-7)

<ゴルフ情報ALBA.Net>