<中京テレビ・ブリヂストンレディス 2日目◇21日◇中京ゴルフ倶楽部 石野コース(6,431ヤード ・パー72)>

 国内女子ツアーも『中京テレビ・ブリヂストンレディス』で12戦目(『KKT杯バンテリンレディスオープン』は震災のため開催中止)。最終組はトータル9アンダーの酒井美紀、鈴木愛、永峰咲希となり、今季初の日本勢三つ巴決戦となる。

【関連】2日目の戦いをLIVE写真館で振り返る!
 伸ばし合いの予選ラウンド2日間で首位を守った酒井は「自分らしいゴルフができた」と2日目を振り返り「優勝を意識しつつスコアを3つ4つ伸ばすようにしたい」と展望を語ると、鈴木も優勝スコアは「最低4、5アンダー必要」と話すなど、優勝スコアは13アンダーあたりが予想される。

 注目は6位タイにつけるキム・ハヌル(韓国)。直近3試合で優勝に絡む活躍を見せ、現在賞金ランク2位につける“最も好調な選手”だけに3打差は射程圏内か。

 優勝を争う注目選手のコメントは以下に掲載。

永峰咲希(9アンダー・首位タイ)
「(直近2試合連続で予選落ちも)1つは欲を消したことでパットが入ってくれたこと、そしてドライバー、アイアンのシャフトを変えて思ったところにしっかりと距離も飛んでくれて自信になっていることです。(初の最終日最終組は)やっとこれたなと。両親を含めいろいろな人に応援してもらって今があるので、1勝して恩返ししたいです」

鈴木愛(9アンダー・首位タイ)
「初優勝してから先週までで一番落ち着いてゴルフが出来ています。今週は試合中、練習ラウンドのような気楽さで出来ているのでパットが入っているのだと思います。(優勝争いのポイントは)15番のショートが難しいので、そこを注意して16番で獲って、17番でも獲る。この3ホールがカギになると思います」

酒井美紀(9アンダー・首位タイ)
「そこまでショットがついている感覚ではなく、ロングパットが入っているので上位にいるのかなと思います。ボードを見て“あと何打伸ばせばトップになる”ということをしっかり意識しています。すごくいい位置にいるので優勝を意識しつつスコアを3つ4つ伸ばすようにしたいです」

キム・ハヌル(6アンダー・7位タイ)
「明日はパッティングが入るか入らないかが大事。今日は入らないところがあったので。上位がいい選手ばかりなので緊張感を持って、自分もプレーしたいと思います」

堀琴音(6アンダー・7位タイ)※ホステスプロ
「ショットが良くて、メンタル面も良くなっていいラウンドが出来ました。いいイメージしかなくて“上手くいくかな”と思っていました。優勝といいたいところですけど、まだ差がありますので、少しでも上にと思えばいいスコアも出てくるのかなと。得意なコースなので楽しみです」

【2日目の順位】
1位T:鈴木愛(-9)
1位T:永峰咲希(-9)
1位T:酒井美紀(-9)
4位T:全美貞(-7)
4位T:福田真未(-7)
4位T:上原美希(-7)
7位T:堀琴音(-6)
7位T:キム・ハヌル(-6)
9位:下川めぐみ(-5)
10位T:大山志保(-4)他
18位T:勝みなみ(-3)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>