<関西オープン 初日◇19日◇橋本カントリークラブ(7,127ヤード・パー71)>

 和歌山県の橋本カントリークラブを舞台に開幕した国内男子ツアー「関西オープン」の初日。中学3年生のアマチュア、三田真弘が7バーディ・3ボギーの“67”でラウンド。ツアー3度目の出場で初めてアンダーパーを叩きだし、4アンダーで首位と1打差の2位タイと好スタートを切った。

【関連】国内男子ツアーの最新情報を写真でチェック
 これまではプロの試合に出ても「ただ見ているだけ」だった。飛距離、技術とも圧倒され、自分のプレーをすることができなかった。しかし、最後に出場した昨年の「カシオワールドオープン」から体重は5キロ増、身長も176センチまで伸びた。パワーをつけるために食事量も増やして1日4食且つ茶碗2〜3杯は食べるなど、「ご飯を意識して食べるように」していた成果で、飛距離は昨年から約20ヤード伸びてドライバーの平均飛距離は270〜280ヤードまで成長した。

 またツアーの高速グリーンに対しては「しっかり打てなかった」のを修正するために、練習場のグリーンで練習する際にカップの50センチ奥に仮想カップを置いて、そこに入れるように打つ練習を1日1時間コツコツと続けた。それら努力の成果が実を結び、「今日は自分のゴルフができました」と会見で堂々と言い切った。

 クラブを握ったのは3歳の頃から。父・謙二さんと練習場に行きボールを打つ楽しさを覚えたという。決して強制されて始めたのではなく、球を打つことに夢中になってはじめたゴルフ。父の謙二さんはアベレージゴルファーで指導はせず、これまでコーチにもつかず、我流で「自分で考えて」やってきたという。

 憧れのゴルファーはローリー・マキロイ(北アイルランド)。「大柄な体じゃないけど、飛ばすし、いろいろな試合に勝っているから」。いずれはマキロイのように「世界で活躍するゴルファーになりたい」という大きな夢を持っている。

 「優勝とかは考えていません。まだ初日が終っただけなので、予選通過が第一です」。プロの試合で上位にくれば、少しは浮かれてもよさそうなものだが、この14歳は大勢の記者を前にしても冷静で実に堂々と受け答えをしていた。14歳51日で予選を通過すれば、09年に伊藤誠道がKBCオーガスタで樹立した14歳21日に次ぐ2番目の年少記録となる。


<ゴルフ情報ALBA.Net>