<中京テレビ・ブリヂストンレディス 事前情報◇18日◇中京ゴルフ倶楽部 石野コース(6,431ヤード ・パー72)>

 今季ここまで10戦で幾度となく優勝争いに絡むも、勝利を手にすることができていない渡邉彩香。ホステス大会として挑む今週の『中京テレビ・ブリヂストンレディス』では「相性のいいコース。3日間2ケタアンダーはいきたいです」と今季初優勝へ向けて気合いを入れている。

メジャーではレクシー・トンプソンに届かず涙…
 メジャー初戦『ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ』では唯一、優勝したレクシー・トンプソン(米国)に追いすがるも2位フィニッシュ。試合後には涙を見せたものの「サロンパスの時も優勝したいという気持ちが強かったですが結果的にいいプレーが出来ましたし、成長できたと思う」と世界3位の実力者と競り合えたことは自信ともなった。

 また、今までは自身にプレッシャーをかけないようにしていたが、「最近は意識して自分にプレッシャーをかけていったほうがより集中できています」と自らへの期待を力に転換できているという。精神面での充実はたしかな手ごたえを渡邉にもたらしている。

 圧倒的な飛距離を武器に現在賞金ランク日本人最上位の4位。しかし、今季ここまではまさかの“イーグルゼロ”に終わっている。意識はしていないというが「今大会はロングホールの3つは狙えるし、残り200ヤード程になるチャンスもある。優勝するためにもイーグルで流れに乗りたいです」と初日から今季初イーグル狙いで勢いをつけたいところ。ホステス大会の目玉選手として、応援を力に攻撃的なゴルフで大会を引っ張っていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>