<メルセデス・ランキング>

 国内女子ツアー競技の各大会での順位や出場ラウンド数をポイントに換算し、年間を通じての総合的な活躍度を評価するメルセデス・ランキング。昨年より1位(LPGAメルセデス最優秀選手賞)の選手に、翌シーズンからの3年シードを付与される。

【関連】キム・ハヌルがイメチェン?セクシーなフレアスカート姿を披露
 10戦目の「ほけんの窓口レディース」を終えての最新ランキングが発表され、同大会を2位でフィニッシュしたスマイルクイーンことキム・ハヌル(韓国)がトップをキープした。

 2位に1988年生まれ韓国の同級生2人との対決を制した申ジエが浮上。3連覇を逃したイ・ボミ(韓国)は3位に後退した。

 日本勢最上位は4位の渡邉彩香。また、吉田弓美子が6位にランクアップ。ここまで全試合に出場しており、出場ポイントをしっかりと稼いでいることと安定した成績が考慮されている。


【メルセデス・ランキング】
1位:キム・ハヌル(199.0pt)
2位:申ジエ(192.0pt)
3位:イ・ボミ(184.5pt)
4位:渡邉彩香(165.0pt)
5位:笠りつ子(149.0pt)
6位:吉田弓美子(139.0pt)
7位:鈴木愛(129.0pt)
8位:テレサ・ルー(128.0pt)
9位:菊地絵理香(125.5pt)
10位:柏原明日架(115.0pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>