16日(月)、東京都にあるDESCENTE SHOP TOKYOにて「中田英寿×片山晋呉 ゴルフマッチプレー対決」の発表会が開催。出場する元サッカー日本代表の中田英寿、片山晋呉両名に加えて現在中田を指導している谷将貴、株式会社デサントのデサントゴルフGBM マネージャー武市一氏の4人が出席した。

【関連】中田英寿のブランドポスターと同じポーズをとる渡邉彩香
 今回の対決は7月29日(金)から31日(日)に北海道の恵庭カントリー倶楽部で開催される「ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯」の一環で行われる

 中田は2年前に株式会社デサントが展開するブランド『デサントゴルフ』のアンバサダーに就任したことがきっかけでゴルフをスタート。ゴルフに本気で取り組む姿は同ブランドの公式サイト内“HIDETOSHI NAKATA SWING TIMELINE”として随時アップされるものを見ることでユーザーも楽しむことができるようになっている。

 対決方式は大会同様のマッチプレー方式。これについては「僕向きですね。ちょっと変な球を打つと腹を立てちゃいますから、それを1ホールごとにリセットできるのは嬉しいです。ストロークプレーはいらないですね(笑)」と歓迎する。

 片山は中田について「動画を見る限りヘッドスピードが速いね。もしかしたら僕より速いかも(笑)」と警戒。「始めた時に比べてすごい成長している。足の使い方をもうちょっと覚えたらもっと飛ぶだろうし、ゴルフが変わるだろうね」と成長を評価した。

 最後に意気込みを聞かれた中田は「もともと勝負ごとは好き。ここまで練習している姿を動画でアップしてきて、実際にプレーを見られるプレッシャーはとても大きいですがそれも楽しみたいです。谷さんと対策を練って、せっかくやるなら一泡吹かせたいですね」と語った。

 同イベントは7月上旬に大会同様恵庭カントリー倶楽部開催される予定で、ホール数など詳細は後日発表となる。対決の模様はインターネットにて配信予定。

<ゴルフ情報ALBA.Net>