<ほけんの窓口レディース 最終日◇15日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(6,323ヤード ・パー72)>

 韓国出身の同い年3人による熱戦が繰り広げられた「ほけんの窓口レディース」最終日。申ジエ(韓国)がトータル10アンダーまで伸ばし今季初勝利を挙げた。

ボミ、ハヌル、ジエの優勝争いを最終日写真集でプレーバック!
 2位には3連覇を狙ったイ・ボミとキム・ハヌルの韓国人コンビ。ジエと6打差の4位タイにはフェービー・ヤオ(台湾)と笠りつ子が入った。またアマチュアの勝みなみがトータル3アンダーの6位タイに入りベストアマを獲得した。

以下主要選手コメント

・申ジエ(トータル10アンダー優勝)
「今日は素晴らしい2人とのペアリングだったのでスタート前は緊張していました。同じ韓国の同級生と回れて楽しかったし、その中で最高のプレーができて非常に嬉しいです。6月には今度は私が3連覇に挑戦しますが、自信を持ってプレーして重圧を撥ね退けたいと思います」

・イ・ボミ(トータル8アンダー2位タイ)
「調子は悪くも無いし良くもなかった。まぁまぁですね。でも、当然最終組だからまわりは調子が良い。その中で私は上手くいかなかった。残念です。来週はゆっくり休んでまた再来週から頑張ります」

・キム・ハヌル(トータル8アンダー2位タイ)
「ベストドレッサー賞が獲れずとても残念です。今日ボミと“ベストドレッサーになった人はグアムに行けるんだよ”って話していたんですよ。ゴルフの調子は良いですね。だから大丈夫です」

・笠りつ子(トータル4アンダー4位タイ)
「熊本弁で言えばひちゃかちゃ(めちゃくちゃ)でした。風をさばくことができなかった。まだまだですね。韓国勢の3人が上にいることは私としては情けないです。ただ、こうやって強い選手がいるから“もっと上手くなってやろう”という気持ちもある。かなりモチベーションになっています」

・勝みなみ(トータル3アンダー6位タイ)※ベストアマ獲得
「もったいないボギーやダボがありました。パーで抑えられるところをボギーにしてしまうと優勝に届かないことがわかりました。あと上位選手とは正確性やマネージメントの仕方が違いますね。あとは気持ちの切り替えが大事だと思います。来週ははじめての大会なので、今日一度帰って明日会場に行きます」

【最終結果】
優勝:申ジエ(-10)
2位T:イ・ボミ(-8)
2位T:キム・ハヌル(-8)
4位T:フェービー・ヤオ(-4)
4位T:笠りつ子(-4)
6位T:勝みなみ(-3)
6位T:吉田弓美子(-3)
6位T:鈴木愛(-3)

<ゴルフ情報ALBA.Net>