<ほけんの窓口レディース 最終日◇15日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(6,323ヤード ・パー72)>

 1988年生まれ韓国の同級生3人が最終組に集まった「ほけんの窓口レディース」最終日。1打差の2位からスタートしたキム・ハヌル(韓国)は、スコアを1つ伸ばすも届かずトータル8アンダーの2位タイで3日間を終えた。

キム・ハヌルがイメチェン?セクシーなフレアスカート姿を披露
 痛恨のダボだった。首位で迎えた9番のティショットが大きく右へと曲がった。直前の8番をプレー中に組全体が遅れていると「イエローカード」(計測に入る通知。以後1打あたり50秒以上かかると警告となり、それでも改善されない場合はペナルティが課される)が出されていた影響もあり、探す時間がほとんど無いままOBとなった。結果的に最後までこのホールの2打が重くのしかかった。

 そして目指していたベストドレッサー賞(ギャラリーの投票で決定)もイ・ボミ(韓国)に283票差をつけられ受賞はならなかった。それを聞いたハヌルは「えー、とても残念です。今日ボミと“ベストドレッサーになった人はグアムに行けるんだよ”って話していたんですよ」と悔しがった。

 とはいえ3週連続でベスト3フィニッシュ。「調子は良いですね。だから大丈夫です」と今回の結果にも満足している。状態は良いだけに次こそ今季2勝目を、そう誓ってクラブハウスを後にした。

【ベストドレッサー賞投票結果(得票総数2,783票)】
1位 イ・ボミ(660票)
2位 キム・ハヌル(377票)
3位 上田桃子(155票)

<ゴルフ情報ALBA.Net>