<ほけんの窓口レディース 2日目◇14日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(6,323ヤード ・パー72)>

 福岡県にある福岡カンツリー倶楽部を舞台に開催されている「ほけんの窓口レディース」。隣接県の熊本県出身の笠りつ子が6バーディ・2ボギーの“68”でラウンド。首位と2打差の3位タイにつけた。

多くの選手が喪章をつけてプレー 九州での戦いに思いは強い
 「今日はパターが入ってくれたので、ドライバーがちゃんといけばバーディを狙えた」。3番で5m、8番では9mを決めるなどパッティングでスコアを伸ばした。「9番、18番はちょっと残念だったけど、切り替えていきたい」とハーフの終わりでボギーを叩くしまりの悪い展開にも前を向いた。

 今日14日は熊本地震の発生からちょうど1か月。「ニュースで見たりする感じだと、震災直後はただただ生きるのに必死だった分、今の方が避難所の問題とか大変なことが多い。そう思うと胸が痛い」。熊本に住む笠の母も、家に住むことはできるものの、いつ地震が来るかと不安で車で眠る生活がまだ続いている。

 母からはフジサンケイの前に「試合があって良かったね、早く試合にいきなさい」と送り出されてきた。「恋しいなと思うこともありますが、今はこっちで頑張りたい」。自分のやるべきことだけを今は見つめて、地震後に熊本を出てからまだ家には一度も戻っていないという。

 「とにかく私にできることは少しでも上に行ってテレビに映って熊本、そして日本の選手が活躍することを見せること」。上位にはイ・ボミ、キム・ハヌル、申ジエといった韓国の実力者たちが顔を揃えているが、強い思いを胸に優勝を狙う。

<ゴルフ情報ALBA.Net>