<ほけんの窓口レディース 2日目◇14日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(6,323ヤード ・パー72)>

 福岡カンツリー倶楽部を舞台に開催されている「ほけんの窓口レディース」2日目。1アンダーの16位タイからスタートした申ジエ(韓国)が猛チャージ。トータル6アンダーまで伸ばし首位と2打差の3位タイに浮上した。

プロアマで秋山幸二元監督とラウンドする申ジエ
 前半は「ピンチが多かった。ひたすら頑張って頑張って」といったプレー。2番ではバンカーからのアプローチが寄らず5mを残したがこれをねじ込んでなんとかしのぐと、他にも2mのパーパットを4つ決めるなどパターで踏ん張った。

 頑張ったご褒美は後半にやってきた。10番で4mを決めて最初のバーディを奪うと11番パー5では3打目を1mにピタリ。「バックナインは素晴らしいショットばかりでした。ピンが私に向いてる感じでした」とさらに3つのバーディを重ねてホールアウト。優勝の見える位置で最終日を迎えることとなった。

 今大会のプロアマでは地元である福岡ソフトバンクホークスを2度日本一に導いた秋山幸二さんと同組に。「韓国でやっているころから野球選手やサッカー選手とラウンドしたことありますが、秋山さんは特に運動神経が素晴らしい。280ヤード近く飛ばしているところもありましたよ(笑)」。かつての本塁打王とはいえ現在54歳。その飛距離には驚かされた。

 「そしてゴルフが好きということが伝わってきました。優しくて組全体のことを考えてくださり、良い雰囲気で楽しくまわることができました」。紳士的な振る舞いの球界のレジェンドとのラウンドは本戦への活力も与えてくれた。

 また、今日同組でまわっていた藤田さいきが11番で棄権する際に「頑張って」と声をかけてくれたことも力になった。「嬉しかったですね。今日もそうでしたが、明日も藤田さんの分まで頑張る」。明日は同郷で同い年のイ・ボミ、キム・ハヌルとの最終組。様々な思いをショットに込めて、今季の目標である3か国目の女王に向けて弾みをつける最終日としたい。

【2日目の順位】
1位:イ・ボミ(-8)
2位:キム・ハヌル(-7)
3位T:申ジエ(-6)
3位T:笠りつ子(-6)
5位T:ベイブ・リュウ(-4)
5位T:沖せいら(-4)
7位T:原江里菜(-3)
7位T:フェービー・ヤオ(-3)

<ゴルフ情報ALBA.Net>