<ほけんの窓口レディース 事前情報◇11日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(6,323ヤード ・パー72)>

 「ヨコハマタイヤLPGAクラシック」でタイ勢初の米国女子ツアー優勝を成し遂げた20歳のアリヤ・ジュタヌガーン。同じタイ出身で国内女子ツアーに参戦しているO・サタヤも快挙をねぎらった。

【関連】ジュタヌガーンの初優勝を動画でチェック!
 「すごいですよね。やっとタイの選手が勝つことができました」とサタヤ。もともとジュタヌガーンを評価していた。「彼女は飛ぶし、アメリカでも絶対活躍すると思っていましたよ」。米国で戦った自身の経験も踏まえても実力は高かった。

 また、サタヤはジュタヌガーンだけでなく、タイの選手が年々レベルアップしているとひしひしと感じている。「タイの試合でもカットラインが年々上がってきていて、みんなの力がついてきてると思います」。その強さの1つがタイの選手が持つ“気持ち”だ。

 「今のタイの選手はメディテーション(瞑想)をする選手が多いです。これをして静かに考えることで“勝ちたい”といったことばかりでなく、今の自分を見つめることができるんです」。そこに近年のタイのゴルフ環境の充実があいまって、今回のジュタヌガーンのような強い選手が生まれた、と語った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>